あきりんの映画生活

映画鑑賞だけのブログです(苦笑)。★★★★が満点評価ですが、ときに思い入れ加算があります。

「愛情物語」 (1956年)

イメージ 1

1956年 アメリカ 123分
監督:ジョージ・シドニー
出演:タイロン・パワー、 キム・ノバック

ピアニストの伝記映画。 ★★☆

カーメン・キャバレロの主題曲があまりにも有名なこの映画。
実在したピアニストの伝記映画だとは知らなかった。
それにしても、エディ・デューチンて、誰? 日本で知っていた人がどれぐらいいたのだろう?

(以下、伝記なのであらすじに触れています)

ニューヨークにやって来たピアニストのエディ(タイロン・パワー)は、資産家令嬢のマージョリー(キム・ノヴァック)に才能を認められ、その口利きで一流クラブに雇われる。
やがてメインのピアニストになり、オーケストラとの演奏はラジオ番組にもなるほどとなる。
マージョリーとの愛も実り、順風満帆の生活を送り始める。

前半は苦み走ったタイロン・パワーと妖艶なキム・ノヴァックの美男美女の、絵に描いたような成功物語。
流麗な音楽もふんだんに流れて華やかにすすんでいく。ところが・・・。

一人息子の出産を終えたマージョリーはそのまま亡くなってしまう。
落胆したエディは一人息子とも暮らそうとせずに、巡業、そして第二次大戦に志願してしまう。
エディがなぜ息子を遠ざけてしまったのかは、よく判らない。
もしかすれば彼の中には愛妻の命を奪った者としての息子があったのかもしれない。

10年の歳月を経て、再会した息子には美しい女性が付き添っていた。
わだかまりを次第になくしたてエディは息子と暮らし始め、やがてその女性との愛も育むようになる。
そして父子での微笑ましいピアノ演奏をおこなったりして、幸せな日々が訪れたのだった。ところが・・・。

タイロン・パワーのピアノ演奏場面はかなり練習したのだろう、指の動きは見事だった。
とはいっても、もちろん真似だけだったらしいのだが。

伝記なので、いくら映画といっても物語のあらすじを変えるわけにはいかない。
どのようにそれを見せるかなのだが、悲劇も交えた甘い愛の物語で好くできていた。

映画の最後、息子と一緒にピアノを弾いていたエディの姿は消える。
残された息子はただ一人でピアノを弾き続けている・・・。