あきりんの映画生活

映画鑑賞だけのブログです。★★★★が満点評価ですが、ときに思い入れ加算があります。1800本余りの映画について載せていますので、お目当ての作品を検索で探してください。

「スキヤキ・ウェスタン ジャンゴ」 (2007年)

イメージ 1

2007年 日本 121分
監督:三池崇史
出演:伊藤英明、 桃井かおり、 佐藤浩市、 伊勢谷友介

三池崇史の和製ウェスタン。 ★★★

ハリウッドが撮った赤穂浪士もの「47RONINN」も奇天烈だったが、日本が撮ったウェスタンも奇妙奇天烈。
しかも、確信犯的に奇天烈(笑)。

平家の落人村に埋蔵金が隠されているとの噂が拡がり、ならず者たちが集まってくる。
清盛(佐藤浩市)を頭とした平家と、義経伊勢谷友介)を頭とした源氏。
二つのグループは睨みあったまま村に居座っては勝手気ままなふるまいをしていた。
とそこに、凄腕のガンマン(伊藤英明)がやってきて、両者の均衡が崩れる。

とこうくれば、すぐに思い出すのは黒澤明の「用心棒」。舞台設定はもうそのまま。
間に挟まるのが黒澤「用心棒」をリメイクしたマカロニ・ウェスタンの「荒野の用心棒」。
ということで、このスキヤキ・ウェスタンの”用心棒”となるわけだ。

時代設定は無茶苦茶。国籍も不明。
日本人の映画なのに、全員が英語をしゃべっている。
衣装やセットも無茶苦茶(笑)。色彩的には源平の赤白を基調としており、これがなかなか楽しい。
双方が立てこもる建物も赤白になっている。

筋立ては、まあ、二の次。
豪華な名出演者たちのノッタ演技を楽しむのがいいのだろう。
ふてぶてしいのにどこか小心者の佐藤浩市、ナルシストな伊勢谷友介もいいのだが、やはり桃井かおり
いつもの桃井節でやってくれる。
それに愉快だったのは、コウモリのように両方の陣営の間で上手く立ち回ろうとする保安官に扮した香川照之
後半になると二重人格者となり、一人で煩悶する二つの人格を演じて魅せてくれた。

好き嫌いは極端に分かれる映画。
駄目な人には10分で断念されるだろうし、面白がる人にはいつまでも印象に残されるだろう。
タランティーノも出ています。