あきりんの映画生活

映画鑑賞だけのブログです(苦笑)。★★★★が満点評価ですが、ときに思い入れ加算があります。

「七つの贈り物」 (2008年)

イメージ 1

2008年 アメリカ 123分
監督:カブリエレ・ムッチーノ
出演:ウィル・スミス、 ロザリオ・ドーソン

善意の映画? ★★

自分が起こした交通事故で家族を失ったベン(ウィル・スミス)は、慎重に選び出した人たちに贈り物をしようとしていた。
(はじめは曖昧になっているが、映画のタイトルでばらしてしまっているからなあ。)
その人たちは盲目だったり、腎不全だったり、心臓病だったり、だった。

とくれば、比較的早い段階でベンのしようとしていることは判ってくる。
では、なぜベンはそれらの贈り物をしようとしたのか、その思いはどこにあるのか、ということにもなってくる。
実は、そこにはベン自身の余命が関係しているのかと思っていた。
でもそれは違っていた。

ウィル・スミスは善人の役しかやっていないようなイメージがある。
そこが悪役でも個性を発揮しているサミュエル・L・ジャクソンや、モーガン・フリーマン、そして最近のデンゼル・ワシントンあたりと違うところ。
いささか俳優のイメージとしてはマンネリ?

(以下、ネタバレ気味)

ベンの贈り物が、七つには数が足りないなあ、と思っていたら、作品の最後に語られることで数が合った。
弟にも贈り物をしていたんだね。
DVで困っている母子に贈った家も加えたら、確かにきっちりと七つだった。

”七つの”とくると、どうしてもキリスト教的なことを考えてしまう。七つの大罪とか・・・。
さて、宗教に疎い私には判らないのだが、キリスト教ではベンのこの行為は容認されるのだろうか? 
たとえ贈り物が他のものに代えられないものだったとしても・・・。

哀しいほどに善人である人ばかりが登場している作品。
だから心温まる話になるはずなのである。なのだが、それを映画にして、好い映画になっていたかと言われると、ちょっと微妙だなあと思ってしまう。

なんとなく居心地の悪い作品だった。