あきりんの映画生活

映画鑑賞だけのブログです(苦笑)。★★★★が満点評価ですが、ときに思い入れ加算があります。

「最後の賭け」 (1997年)

イメージ 1

1997年 フランス 105分
監督:クロード・シャブロル
出演:イザベル・ユベール、 

詐欺師の顛末は。 ★★☆

クロード・シャブロル監督といえば、フランスのヒッチコックと言われるほどのサスペンス映画の巨匠らしい。
しかし、これまでに観た数本の作品はどれもあまり私には合わなかった。
どうも、ぬるいのである。サスペンスなのに緊迫感が少ないのである。
さて、この映画はどうだろう?

初老の男と若い女の詐欺師コンビ。
カジノで見かけた人の良さそうな男を色仕掛けで誘って、薬で眠らせて、ちゃちな抜き取りをする。
有り金を全部抜き取らずに半分ぐらい残しておくのがルール。すると、被害者は案外盗まれたことに気づかないとのこと。本当?

女ベティに、シャブロルの映画ではお馴染みのイザベル・ユベール。
自由奔放な雰囲気で、男を手玉に取る悪賢さにも長けている。ぴったりの役柄。
そして初老の男ビクターにミシェル・セロー。彼が胡散臭そうな人物を演じて実に好い。
ところでこの二人の関係は? 
ただの詐欺の師弟関係だけではなさそうなのだが・・・。

やがてこの二人、禁断のお金に手をつけようとする。
マフィアの大金の運び屋を騙して、横取りしようというもの。
はて、そんな大それたことが上手くいくのだろうか。

どうもしっくりしないのが、大金を入れたトランクのすり替え。
二人は楽しそうに運び屋を騙したようにしていたが、映画を観ているとそのすり替えはまったく必要なかったように思える。
誰か、あの意味、教えてください・・・(汗)。

シャブロルにしては珍しいコミカルな面もあって、観やすい作品にはなっている
そして、中盤から映画にはぐだぐだ感も出てくる。
まんまと大金をせしめた二人は互いを騙そうとしているような雰囲気となってくる。
そんな二人を捕まえたマフィアもやけに寛大だったりもする。大金を半分も失って、二人を許してしまう?

このぐだぐだ感がシャブロルの持ち味でもあるのだろう。
これが合う人と合わない人がいるのだろうなあ。

さてこの二人、結局どうなる?
映画の原題は「もうおしまいですよ」という意味らしい。
カジノのルーレットでチップを張るタイミングの終わりを宣言するときの決まり文句らしい。
すると、「最後の賭け」というよりも、「賭けの最後」といったところだろうか。

あまり身構えずに、ぐだぐだとした気分で観るのがよろしいかと。