あきりんの映画生活

映画鑑賞だけのブログです(苦笑)。★★★★が満点評価ですが、ときに思い入れ加算があります。

「追憶の森」 (2015年)

イメージ 1

2015年 アメリカ 111分
監督:ガス・ヴァン・サント
出演:マシュー・マコノヒー、 渡辺謙、 ナオミ・ワッツ

樹海で彷徨う2人の男。 ★★☆

舞台は富士山麓青木ヶ原樹海。
アーサー(マシュー・マコノヒー)は死に場所を求めてここへアメリカからやって来る。そして静止線を越えて樹海の奥へ踏み込んでいく。
ところが、彼が睡眠薬を飲もうとしていたところへ、ふらふらになった日本人男性ナカムラ(渡辺謙)が現われる。
ナカムラも死を求めてやって来たものの、今は樹海からの出口を探して彷徨っていたのだ。

この映画はカンヌ映画祭でブーイングをあびたとのこと。
日本人なら青木ヶ原樹海のことはよく知っている。
そこがある種の神秘的な雰囲気を漂わせる死の森であることも。一度踏み込めば脱出しがたい魔の森であることも。
そこが舞台である故の物語であることも、日本人になら伝わるだろう。
しかし、外国人にはそこまでのことは伝わりにくかった可能性はある。

物語は、もう一度家族に会いたいと願って出口を探すナカムラと、自身は死を求めながらもナカムラのために一緒に出口を探すアーサーの二人だけですすむ。
さすがに名優二人、マシューも渡辺もそれぞれの表情、仕草で魅せてくれる。

そして途中で、アーサーが死を求めるようになった物語が挟み込まれる。
相思相愛だった妻(ナオミ・ワッツ)との不和、そして彼女の病を契機に取り戻そうとしたおたがいの愛。
そのときに二人を襲ったある事件。

ガス・ヴァン・サント監督といえば「永遠の僕たち」を思い浮かべる。
あの映画も、死に引き寄せられたような少年と少女が主人公だった。
そして二人にだけ見える死者役には日本人俳優を起用していた。

寒さに震え、食料もない樹海の中。
はたして二人は森を抜け出すことが出来たのか。

(以下、ネタバレ)

この映画のナカムラは、実はすでに亡くなっている人物なのだろうと思われた。
アーサーに、亡くなった妻の好きだった季節と色を教えてくれて、死の意味をもう一度問いなおさせてくれた存在だったのだろう。
(さらに大胆に言ってしまえば、ナカムラは、アーサーを死から引き留めようとした妻、なのかもしれない)。

起伏の少ない、言ってみれば単調な映画。
しかし日本人には、その舞台となった青木ヶ原の意味と相まって(ロケはアメリカの森でおこなわれたようだが)、ブーイングするような映画ではなかった。
最後の、一輪の花が咲いている場面は仏教世界のようでした。