あきりんの映画生活

映画鑑賞だけのブログです。★★★★が満点評価ですが、ときに思い入れ加算があります。1800本余りの映画について載せていますので、お目当ての作品を検索で探してください。

「ラ・ワン」 (2011年)

イメージ 1

2011年 インド 156分
監督:アヌバウ・シンハー
出演:シャー・ルク・カーン、 カリーナ・カブール

インド製アクション大作。 ★★★

CGもフルに使って頑張っているインド製SFアクション映画。
頑張ってはいるのだが、どことなく垢抜けない感じが残っていて、そこがインド映画らしい、と言ったら失礼か。

デジタル・データの中身が現実に物体化する技術が開発された。これはすごいぞ。
この技術を応用してシェカル(シャールク・カーン)は、最強の悪役が活躍するコンピューター・ゲームを作り上げる。
そのゲームで遊んだ彼の息子は、現実世界にあらわれてきたゲームの登場人物である悪役のラ・ワンに襲われてしまう。

というわけで、シェカルは息子を助けるためにヒーロー、ジーワンとなってラ・ワンと闘う。
ストーリーは大変にいい加減(笑)。
ストーリーなんて、はっきり言って、どうでもいい。悪役とヒーローの闘いを見せるためのお膳立ての役割しかない。
そんなものには期待しないで、単純に、あり得な~い!というアクションを楽しむ映画。

同じ頃のインド映画に「ロボット」があった。
こちらは”スーパー・スター”ラジニ・カーント主演で、自我を持ったロボットが暴走しはじめるという内容だった。
映画のテイストとしてはよく似ている。
それに、なんとこの映画の一シーンにラジニ・カーントがカメオ出演している。へえ~。

子供と非現実的なヒーローとの愛情ものというと、「ターミネーター」を思いうかべてしまう。
しかし、インド映画のことだから(失礼)、案外本当にそのあたりからアイデアをパクっているのかも知れない(苦笑)。

不満をひとつ。
インド映画の楽しみのひとつである超美形な女優さんだが、今作はもうひとつだった。
しかも、息子のお母さん役なので、お気楽インド映画お約束の恋物語がくり広げられることもない。
ん~、もの足りん・・・。

とまあ、そんなところで、なにも深いものはありませんが、観ている間は充分に楽しめる映画でした。