あきりんの映画生活

映画鑑賞だけのブログです。★★★★が満点評価ですが、ときに思い入れ加算があります。1800本余りの映画について載せていますので、お目当ての作品を検索で探してください。監督名、主演俳優名でも検索できます。

「ライフ」 (2017年)

イメージ 1

2017年 アメリカ 104分
監督:ダニエル・エスピノーサ
出演:ジェイク・ギレンホール、 レベッカ・ファーガソン、 真田広之、 ライアン・レイノルズ

新・エイリアン。 ★★★☆

冒頭は、火星から採取したサンプルを積んだポッドの宇宙船への回収場面。
ここから迫力のある画面が展開されて、一挙に正統派SF映画だぁ!という雰囲気になる。

最近のSF映画はとにかく画面は綺麗になった。
だから映画の出来はそのあとの物語の展開、登場人物たちの真摯な行動や葛藤、など次第ということになる。
この映画はホラー風味で最後まで惹きつけてくれた。

タイトルは原題通りに”ライフ”とそっけない。”生活”ではなくて”生命”の方(笑)。
宇宙船で探査活動をしていた6人の宇宙飛行士は、火星のサンプルに未知の生命体細胞を発見した。
こりゃ、すごい。本当に生きている細胞だ!
映像を観た地球の子供たちは、この細胞にカルビンという名をつける。

と、始めは喜んで細胞=カルビンを培養していた飛行士たち。
しかし、ある刺激を受けたことによってカルビン(始めはアメーバのような、クリオネのような形をしている)は、育ちはじめる。
そして人間を襲った!

基本的に(最後を除いては)この映画は一隻の宇宙探査船の中だけで展開される。
一言でいってしまえば、逃げ場のない宇宙の密室空間での、怖ろしく凶暴に成長した宇宙生命体(エイリアン)との闘いの物語。

隔離された培養室の中で、カルビンに襲われる培養士。
張りつかれた手の骨は粉砕されてしまう。ひぇえ~!
船長の制止も聞かずに彼を助けに培養室に入るライアン・レイノルズ
培養士を室外へ助け出したのはいいのだが、今度は彼自身が部屋のなかでカルビンに襲われる。
レイノルズの体内に潜りこむカルビン。呼吸ができずに死んでいくレイノルズ。
デッドプールになる暇もなかったなあ(苦笑)。

考えてみれば、カルビンは自分のライフのためには酸素と栄養が欲しいわけだ。
ヒトデのような形に育ったカルビンは、つまりは肉食動物と同じわけだ。
しかし、人間の側からすればこんな有害生命体は駆除しなければならないわけだ。
相手は強いぞ。どうしたら倒せるのだ?

こう書いてくれば、あれ、エイリアン・シリーズと一緒じゃん、と思ってしまうところ。
骨格は確かにその通りなのだが、この映画は6人の宇宙士ひとりひとりの運命を描いていて、まったく緩むところがなかった。
面白い。

真田広之が出演している。
アジア系科学者という役柄なのだが、彼が非常に重要な役どころで、次々に仲間が倒れていく中で後半まで頑張り続ける。
ジェイク・ギレンホールレベッカ・ファーガソンに次ぐ立ち位置といったところ。

(以下、ネタバレ)

カルビンに襲われた仲間の誰もが、自分を犠牲にしてでもカルビンを倒そうとする。
中には我が身もろともに宇宙の果てにカルビンを連れて行こうとする者もいる。
しかし、ひとりまた一人と失敗していく。
地球を救うために、とはらうこの自己犠牲に感情が少なからず揺さぶられる。

制御不能になった宇宙船は、このままではカルビンを乗せたまま地球に向かってしまう。
何とかしなければ!
最後に残った二人の内の一人が自己犠牲を決意する。
果たして地球は救われるのか・・・・?

エイリアンが好きだった人、ゼロ・グラビティが好きだった人、真田広之のファンの人。
観てみましょう。