あきりんの映画生活

映画鑑賞だけのブログです。★★★★が満点評価ですが、ときに思い入れ加算があります。1800本余りの映画について載せていますので、お目当ての作品を検索で探してください。監督名、主演俳優名でも検索できます。

「三度目の殺人」 (2017年)

イメージ 1

2017年 日本 125分
監督:是枝裕和
出演:福山雅治、 役所広司、 広瀬すず

法廷サスペンス。 ★★★☆

これだけ着実なヒットがつづくと、つい気になってしまう監督となった是枝裕和
いつもの家族ものとは違っての法廷もの。
しかし、さすがに魅せてくれる。面白く撮っていた。

重盛(福山雅治)は、一筋縄ではいかない三隅(役所広司)の弁護をいやいや引き受ける。
三隅の容疑は、解雇された恨みから工場の社長を殺し、遺体に火をつけたというもの。
しかも彼は30年前にも殺人を犯した前科がある。
こりゃ、あかんやろ。死刑判決が出るのは目に見えているぜ。

重盛は、三隅の量刑をせめて無期懲役に持ち込もうと努力する。
ところが、肝心の三隅がどうもはっきりしない。
証言を二転三転させ、いったい自分がどうなりたいのかが重盛にもわからない。

法廷ものでは、通常は謎が次第に解明されていくカタルシスを味わう。
しかし今作では逆に、三隅の供述の変遷から次第に謎が深まっていく。その面白さであった。

この映画では、なんといっても役所広司
孤狼の血」の彼もすさまじかったが、この映画での役所の怪物ぶりもすごかった。
それに、広瀬すずが上手い。
こんなに好い女優さんだとは思わなかった。すっかり見直した。

ただ不満もいくつかある。

重森の娘の万引きや嘘泣きのエピソードは、あのあと何もなし? そりゃないだろ。
咲江の不自由な足についての彼女の言葉も、あれは本当? 
それとも重森の娘の涙と同じように、嘘?
娘の嘘泣きを見せておいて、最後に重森の涙を見せるか? 
余分だった気が・・・。

それに、思わせぶりな十字架の印は何? 
キリスト教を絡ませなくてもよかったのでは。
映画のラストシーンは、重森が十字路に立ちつくす姿だった。
彼もまた十字架を背負った?

結局、三隅は殺人犯だったのか、殺人犯ではなかったのか。
映像的には犯人だと思わせる作りになっていたが、はっきりとは明かされずに映画は終わっていく。

咲江の罪を被ったというのは、あまりにも荒唐無稽の感じがしてしまうのだが・・・。
冤罪で死刑になる三隅が”三度目の殺人”の被害者?
どう?

いろいろと書いたが、とても重厚な見応えのある作品だった。