あきりんの映画生活

映画鑑賞だけのブログです(苦笑)。★★★★が満点評価ですが、ときに思い入れ加算があります。

「レッド・クリフ Part1」 (2008年)

イメージ 1

2008年 アメリカ 145分
監督:ジョン・ウー
出演:トニー・レオン、 金城武
    チャン・フォイー、 チャン・チェン

誰もが知っている「三国志」の赤壁の戦いを映画化。 ★★★☆

全64巻(だったかな?)の横山光輝の漫画「三国志」を何度も読み、吉川英治の小説も何度か読み、さらに光栄のゲーム「三国志」もやり尽くした三国志フリークであるからには、いやが上にも期待をして観に行った。
監督がジョン・ウーというところがちょっとひっかかってはいたのだが。

結論から言うと、期待したわりにはもう一つというのが正直なところ。
しかし、通常の戦記ものと比べたら、その迫力たるや、並ではない。
合戦の場面など、これでもかというほどの画面。うなってしまう。

それでも”もう一つ”と感じてしまうのは、やはり三国志そのものに対する個人的な思い入れが強いため。
ドラマに対する自分の勝手な思い込みとずれる部分があるだけ、不満がつのることになる。
ジョン・ウーがそんなに悪いわけではない(笑)。

感心したのは、亀甲の陣の戦い。
もうもうとした砂埃の中から、超雲や関羽などの英雄が姿を見せるところも、さすがに胸躍る。
一方で、虎刈りの場面、周諭と妻との絡みの場面などは不要だったのでは、と思われる。

ジョン・ウーの演出は、リアリティのある迫力を出そうとするあまり、色彩などはあまり美しくない。
衣服はもう黒と茶色ばっかり。
舞台はいつも砂埃だらけ。
これはチャン・イーモーの、美しさのためにはリアリティを犠牲にしてもいいだろうという考え方とは対照的。

それにしても、普段は格好良いトニー・レオンが、兜をかぶるとまるで似合っていなかった。
金城武孔明は常におだやかな微笑をたたえていて、まあ、これはこれでありか、というところ。

エンドロールで協力に中華人民軍というのがあったのにはびっくり。
どこまでが実際の人間の動員で、どこからがCGなのだろうか。

次はいよいよ肝心の軍船の戦いとなるが、4月公開のPart 2はどうなるのか?