あきりんの映画生活

映画鑑賞だけのブログです。★★★★が満点評価ですが、ときに思い入れ加算があります。1800本余りの映画について載せていますので、お目当ての作品を検索で探してください。監督名、主演俳優名でも検索できます。

「ワンダーウーマン 1984」 (2020年)

f:id:akirin2274:20210122182806j:plain

2020年 アメリカ 151分
監督:パティ・ジェンキンス
出演:ガル・ガドット、 クリス・パイン

無双アマゾネスの悲恋。 ★★★

 

冒頭で、幼い日のダイアナが参加したアマゾネス国での競技会の様子が描かれる。
高い柱の上を飛び歩き、急斜面を駆け上がり、馬上から弓で的を射抜き・・・。
おお、これは究極の”SASUKE”ではないか。
この場面でばっちりと映画に入りこむことができた。

 

時が移って1984年。
博物館で働いているダイアナ(ガル・ガドット)だが、まずはショッピングモールでの強盗を見事にやっつける。
銃弾をはね返す腕輪も、自由自在に操られる黄金の鞭も健在。
好いねえ。

 

ガル・ガドットはとにかく華がある。
エキゾチックな顔立ちで、長身で、兵役の経験もあるということで身のこなしも好い。
前作の時は妊娠中だったというのだから驚く。
身重であのアクション場面をこなしたのか。すごいな。

今作で、ダイアナが通りかかった街で幼い兄妹が雪遊びをしている場面があった。兄役が監督の息子で、妹役がガドットの娘だったのだそうだ。へえ。

 

さて、今作は願いを何でもかなえてくれるドリーム・ストーンをめぐっての戦い。
このドリーム・ストーンは、あの傑作ホラー小説「猿の手」をなぞっている。
願いごとは叶うのだが、その代償にとても不幸な事も起きる、というもの。
これは上手く物語に取り入れられていた。

 

ダイアナはいけないことだと思いつつも、亡くなった恋人スティーブの復活を願ってしまったのだ。
すると、おお、スティーブ(クリス・パイン)が長い眠りから覚めたようにあらわれたではないか。
ちょっと浦島太郎状態でボケをかますティーブも微笑ましくて、ダイアナ、好かったね。

 

しかし、代償はやはり起きたのだ。
あれ、私の戦闘能力が弱くなっている? こんなはずじゃなかったのに・・・。
これではチーター・ウーマンに勝てないわ。 

 

そう、ダイアナの同僚のバーバラは、真面目で地味で引っ込み思案で冴えない女性だった。
そんな彼女がドリーム・ストーンに願ったのは、ダイアナのようになりたい!
おお、とたんにバーバラは見違えるほどセクシー美女になり、挙げ句の果てに無敵のチーター・ウーマンにもなってしまったのだ。

 

そして悪役マックスの登場。
彼はなんと、願いによって自分がドリーム・ストーンになってしまったのだ。
なんか、狡い気もするなあ、それは(苦笑)。
世界のみんなよ、あなたたちの願いを何でも叶えてあげよう。私は全能者なのだ!

 

人々は自分勝手な願いを次々に叶えようとする。人間は愚かな生きものなのだよ。
もちろん代償は大きい。世界が核戦争に突入しそうになるのだ。
そうか、歯止めのきかない欲望に人々が身を任せれば、世界はそうなるのか。
さあ、ダイアナとスティーブよ、何とかしなければ。

 

今作でのドリーム・ストーンのポイントは、願いが取り消せるということ。
で、ダイアナは世界を救うために哀しい決断をしなければならなかったのだ。

 

無双のワンダー・ウーマンなのだが、恋する一人の乙女としてのいじらしさ、可憐さも見せてくれるところが好かった。
ところで、願い取り消した後のバーバラはどうなったのか? 不明のままだぞ(汗)。