あきりんの映画生活

映画鑑賞だけのブログです。★★★★が満点評価ですが、ときに思い入れ加算があります。1800本余りの映画について載せていますので、お目当ての作品を検索で探してください。監督名、主演俳優名でも検索できます。

「メモリーズ 追憶の剣」 (2015年)

イメージ 1

2015年 韓国 120分
監督:パク・フンシク
出演:キム・ゴウン、 イ・ビョンホ、 チョン・ドヨン

韓国武侠もの。 ★★

韓国俳優で知っている数少ない一人のイ・ビョンホンの映画ということで鑑賞。
ワイアー・アクション満載のソード武侠もの。

高麗末期に氾濫を起こした3人の剣士がいた。
しかし、その中の一人ドッキ(イ・ビョンホン)の裏切りによって反乱は失敗する。
ブンチョンは死に、ドッキの恋人だったソルラン(チョン・ドヨン)はプンチョンの子ホンイとともに逃げのびる。
物語はその18年後にはじまる。

この映画は、権力に取りつかれた男と、裏切られながらもなおその男を愛した女の物語。
女はその男を許すことはできず、また、その男に惹かれ続ける自分も許せなかった。
そのために、自分が育てた娘ホンイ(キム・コウン)に、ドッキと自分を殺せと命じる。

映画の内容をこんな風に紹介すると、おお、なかなか面白そうではないか、と思える。
たしかにソード・アクションは、あの荒唐無稽空飛びチャンバラの「グリーン・ディスティニー」を思わせて、好い。
(人によってはあまりのワイアー・アクションが興ざめだったらしいのだが、私は荒唐無稽空飛びアクションは大好きである 笑)。
しかし、どうも人物造型があまり上手くない。

物語も充分に劇的な展開が期待でいるところなのだが、あっさりと描かれていて、深みが感じられなかった。
演出が良くなかったのだろうな。

韓国でも予想外の不人気だったらしい。
その不人気の原因は、どんな理由があろうと親殺しをするのは儒教の教えに背く、ということにあったらしい。

(どうでもいい余談)
ヒロインのキム・コウンが、あの安藤サクラにそっくりだったのには、思わず笑えた(汗)。