あきりんの映画生活

映画鑑賞だけのブログです(苦笑)。★★★★が満点評価ですが、ときに思い入れ加算があります。

「忍びの国」 (2017年)

イメージ 1

2017年 日本 125分
監督:中村義洋
出演:大野智、 石原さとみ、 鈴木亮平、でんでん

エンタメ時代劇。 ★★☆

時代は戦国時代。天下を平定しつつある織田信長が伊賀も支配しようとしている時代。
伊賀の忍者集団は信長の軍門に下るのか、それとも徹底抗戦するのか。

と書くと、がんがんの真面目時代劇と思われるかもしれない。
しかし、脚本は「のぼうの城」で一躍有名になった和田竜である(あとでノベライズもしたらしい)。
だから時代劇なのだが、今風に人を喰ったような人物像も描かれている。
コミカルな要素をふんだんに入れている。

主人公の下忍・無門は伊賀一の腕を持っているのだが、そうは見えないどこかつかみ所のない人物像。
恐妻家で、お金のためにしか仕事をしない。どこかとぼけている。
この無門役に「嵐」大野智
キャラクターとしてはどこかのんびりとした雰囲気を漂わす大野なので、この無門役もよく合っていた。

無門の妻・お国に扮する石原さとみの恐妻ぶりが微笑ましい。
無門がそのお国にぞっこんでまったく頭が上がらないところも、また微笑ましい。
しかし、石原さとみはきれい。無門がぞっこんになるのも宜なるかな
(私は、彼女がお酒の杯を差しだしながら、ほれ、間接キスしてみぃ、と言うCMがお気に入りである 笑)

忍者ものなので、バルクールを思わせる体術の場面も多く、楽しめる。
また”川”という忍者同士の決闘があるのだが(地面に引かれた2本の線の中だけで闘う)、この場面のすばやいアクションは見事だった。
大野君もあの場面を2回もこなすとは、頑張ったなあ。

映画は、すべて金欲で行動する”虎狼の者”としての忍者を、ややコミカルに描いていた。
無門もそんな一人だったわけだが、お国によって人の行動はそれだけではないことに気づいていく。
この辺りの物語の展開は浅いのだが、ま、こんなところだろう。

大野君の、実力はあるのだけれども一生懸命やるのはなんかかったるいなあ、でも、やるときはやるんだぜ、という雰囲気が好かった。
この映画はそれにつきていたなあ。