あきりんの映画生活

映画鑑賞だけのブログです(苦笑)。★★★★が満点評価ですが、ときに思い入れ加算があります。

「マイティ・ソー ダーク・ワールド」 (2013年)

イメージ 1

2013年 アメリカ 113分
監督:アラン・テイラー
出演:クリス・ヘイスワース、 ナタリー・ポートマン、 アンソニー・ホプキンス

マイティ・ソー2作目。 ★★★

アベンジャーズ」をよりよく楽しむためのマーベル追いかけ大慌て鑑賞シリーズ。
しかし、このソーの2作目は、「アベンジャーズ」の後の時代の物語だったんだ。追いついてきたぞ。

今回は、ソー(クリス・ヘイワース)が愛して止まないジェーン(ナタリー・ポートマン)の身体に全宇宙を闇に変える恐るべき力、エーテルが取り込まれてしまうというもの。
こりゃ大変だ。
愛するジェーンのためにソーが頑張るぞ。

ソーの世界にも慣れたので、違和感なく物語に入っていける。
アベンジャーズ」では顔を見せてくれなかったポートマンもちゃんと出てくれているし(嬉)。
ジェーンの相棒であるダーシーも好い味付けで活躍してくれる。
彼女、なかなかに好いんだよね。

で、今回の敵は闇の王マキレス。
あまりにも強大な敵であるために、なんとソーは、あのロキを監獄から出して協力を求める。
おいおい、ロキをそんなに簡単に信用してしまっていいのかい?

大体がこのロキという人物、前作でもソーを陥れようとしたし、「アベンジャーズ」でも敵そのもの。
でも、なんていうか、あまり大物感がない姑息な奴なんだよね。
ひがみっぽくて、ひねくれていて、嘘をついては人を罠に掛けようとするし、要するに小物。
その小物が必死に悪いことをするものだから、悪役ながら親近感が湧いてくるところもある(苦笑)。

マキレスに送り込まれてきた敵はゾンビみたいな奴。
ソーの大金槌は今回も大活躍なのだが、ゾンビじゃあいくらやっつけても死なないのではないの?
アクション場面はスケールも大きくて迫力満点。

それにしても、これまでマーベルものを内心では少し馬鹿にしていたことを深く反省。
マーベルものって、すごいんだあ!(笑)

映画の最後、ロキがまた悪巧みをしそうなんだよね。
でも、今度の「アベンジャーズ ウルトロン」では敵ではないらしい。

さあて、次は傑作との評判をよく目にする「キャプテン・アメリカ」の第2作だな。