あきりんの映画生活

映画鑑賞だけのブログです(苦笑)。★★★★が満点評価ですが、ときに思い入れ加算があります。

2017年分野別ベスト3

明けましておめでとうございます。

昨年劇場で観た映画は35本でした。
それに自宅屋根裏のマイ・映画館でのDVD鑑賞を合わせると、全部で154本の映画を観ていました。
(一昨年が151本でしたから、例年通りです)
例によって、旧作も混じえての、今年観た映画の各分野でのマイベスト3です。

・ドラマ系
 「ルーム」(2015年)世界が広がった時のとまどい、驚愕。
 「ある過去の行方」(2013年)アスガー・ファルハディ監督から目が離せません。
 「善き人のためのソナタ」(2006年)深い人間性を感じさせる戦時下のドラマでした。
  次点:「八日目の蟬」(2011年)慕っていたお母さんが誘拐犯だったなんて、辛すぎます。

・アクション系
 「アトミック・ブロンド」(2017年)シャーリーズ・セロンのアクションが凄すぎます。
 「ザ・コンサルタント」(2016年)主人公の人物像の設定が独特でした。
 「るろうに剣心」シリーズ(2014年)最近の時代劇では出色の出来だと思ったでござるよ。

・サスペンス系
 「ガール・オン・ザ・トレイン」(2016年)3人の女性のそれぞれがサスペンスでした。
 「僕だけがいない街」(2016年)邦画。タイムスリップが上手くいかされていました。
 「哭声 コクソン」(2016年)やはり韓国映画は徹底的に濃い。まつわりついてきます。
  次点「ダーク・プレイス」(2015年)ここでもシャーリーズ・セロン

・SF系
 「ブレードランナー2049」(2017年)ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督に交代して正解だと思いました。
 「スター・ウォーズ 最後のジェダイ」(2017年)やはりこれを外すわけにはいきません。
 「ゼロの未来」(2013年)テリー・ギリアム監督ははまったときは素晴らしいです。

・恋愛系
 「マリアンヌ」(2016年)美男美女のスパイの恋物語
 「ぼくは明日、昨日の君とデートする」(2016年)二人の時間軸が交差する切ない恋物語
 「君の膵臓をたべたい」(1999年)たしかに泣けます、おじさんでも(汗)。

・文芸系
 「神のゆらぎ」(2014年)あの人にとっての神とは何だった?
 「クラウド・アトラス」(2012年)時代を超えて描かれる輪廻の物語。
 「アスファルト」(2015年)3組の男女が何気なく、温かく。

・怪作
 「10クローバーフィールド・レーン」(2016年)この地下室の外では何が起こっているの?
 「ダーク・レイン」(2015年)「パラドックス」につづくイサーク・エスバン監督の不条理劇。
 「ホーリーモーターズ」(2012年)レオス・カラッカス監督の奇妙な映画。

・名作
 「日の名残り」(1993年)ノーベル文学賞カズオ・イシグロ原作です。アンソニー・ホプキンス、さすが!
 「ダウン・バイ・ロウ」(1986年)ジャームッシュ監督のぬるさがたまりませんなあ。
 「サムライ」(1967年)トレンチコート姿のアラン・ドロンのニヒル・ビューティ。

おまけに、今年観た駄目だった映画(苦笑)
 「アサシン・クリード」(2016年)狙い所がまったく判らず。
 「アフター・アース」(2013年)ウイル・スミスも子離れしなくちゃ。
 「ウイ・アンド・アイ」(2013年)ミシェル・ゴンドリー監督なので期待したのですが・・・。

今年もよろしくおねがいします。